京の着物づくり

京 手描友禅とは

花鳥風月を優美に表現し、気品ある華やかさをもつ京手描友禅は、江戸・元禄の頃に、扇絵師・宮崎友禅斎の扇を描く技から発展し、京都の町に広まりました。白生地に糸目糊という糊を使って模様を描いて染めるため、隣り合う色が混ざらず、絵画のような繊細な染め文様ができあがるもので、世界でもたいへん珍しいといわれる染色技法のひとつです。

京手描友禅は、一人の職人がすべてを作り上げるのではなく、意匠の考案から下絵、糊置き、引染、挿友禅、仕上げまで、14~15の工程に分かれています。各工程の仕事を専門の職人が担当し、それぞれの仕事に、受け継がれた高い技術を注ぎ込みます。そして、その精緻な手仕事を統括するのが、私たち染匠の役割。染匠は、オーケストラの指揮者のごとく、匠の技を集めて日本美の極致へと導き、作品を完成させるのです。

富宏染工のきものづくりの特徴

京手描友禅は分業で作られ、複数の職人の手仕事を結集したものだからこそ、すべての工程で常に最高の技術が発揮されなければいけません。理想とした作品のイメージや製作意図も一貫したものでなければいけません。そのため富宏染工株式会社では、ほぼすべての工程の職人を自社工房で守り育て、ここにしかない高度な技を用い、志をひとつにして制作を続けています。その結果、友禅の鮮やかかつ奥行きのある色づかい、優美で繊細な文様を際立たせることが可能になるのです。

通常の挿し友禅では筆を用いますが、弊社ではより深みを出すために、細部に至るまで刷毛を使用しています。こうすることで、生地の糸の芯まで色が染み込み、奥行きが増します。そして、白色を作る胡粉は、既製品を用いる工房が多いなか、弊社では艶やかな白にこだわり、昔ながらの技法で胡粉を乳鉢で練って使用しています。

また、友禅染の一般的な工程では、細かい文様に着色(挿し友禅)した後、「から蒸し」をして、文様の部分に糊を置き(伏せ糊)、地の部分を染める(引き染め)ところを、弊社では、この工程の繰り返しによって色が変化するのを避けるため、伏せ糊の工程をやめて、文様に着色(挿し友禅)した後、続けて地の部分も刷毛で染めています。そうすることにより、工程途中での色の変化を防ぎ、思ったとおりの色が染め上がり、同時に、自由な色の組み合わせやバランスのとれた仕上げ、地色を多彩に染めることが可能になります。このような高い技術力は、自社工房で職人を育てるという環境があってのことです。

工程の詳細

染匠の創作意図に沿って模様を描き、何度も打合せをして最終的な図案を決定します。その後、それをもとに仮仕立てした白生地に青華で模様を描いていきます。

「糸目を引く」ともいわれる作業で、細い筒に真鍮の鼻先が付いたものに専用の糊を入れ、管の先から糊を絞り出すようにして、下絵に沿って細い線を描いていきます。

糊を太く置くか細く置くかは、職人の感覚次第。友禅染では、この糊が防染の役割を果たすことにより、何色もの色を染め分けられるのです。

弊社の糸目は自社で作る特殊な樹脂糊に本金泥(本金粉)を混ぜ合わせた独自のもの(金糸目)で糸目を引いています。

彩色する(友禅)時、白生地のままでは色をはじいて塗りにくく浸透しないため、地入れという作業をします。弊社では伝統の工法で独自に地入れ液を作り、それを使用しています。

液の濃度によって、友禅の色の付着する度合いも変わるため、職人が一番合ったやり方ができるように調合。地入れ液は大きな刷毛で一反すべてに引き、これを一晩自然乾燥させます。

通常の挿し友禅は筆を用いますが、弊社では、きものにより深みを出すために、細部に至るまで刷毛を使用。生地の糸の芯まで色を染み込ませます。ここが他の工房とは異なるところです。

また、この後一般的には、80度~90度の蒸気で蒸しをかけ(から蒸し)、模様のところに糊を置き(伏せ糊)、地の部分を染める(引き染め)の工程を繰り返すのですが、それでは伏せ糊をのせた後の色が微妙に変化してしまう心配があります。

そこで、弊社では、伏せ糊をやめ、模様を友禅した後、続けて地の部分も刷毛で染める手法を取っています。そのことにより、自由な色の組み合わせやバランスを考えた配色が、可能になりました。

一般にきものの地色は、1、2色ですが、弊社では、この技術により何色もの地色を施し、より美しく華やかな作品を作っています。

友禅の次に、きものを蒸し箱に入れて80~90度の蒸気をあてます(蒸し)。蒸すことで発色が鮮やかになり、そこで初めて、私たち染匠が意図していた色になります。色によって、蒸す時間や回数は異なります。

次は、かつて「友禅流し」といわれた水元という工程。昭和40年代頃までは、鴨川や堀川などで反物を流して洗っていましたが、現在は屋内プールのようなところを使っています。濃い地色や鮮やかな配色の場合はこの蒸しを2回~3回繰り返します。

水は中性が良く、地下水をくみ上げて使用。京都の地下水は水元に最も適していると言われています

水洗いを終え、乾燥した後は、生地をきれいにやわらかくのばします(湯のし)。これにより、生地が固くなったり、縮んだりするのを防ぎます。

京手描友禅のきものを、さらに華やかに表現するため、染め上がった生地に金や銀の箔、金粉等を接着加工します。

ビニールをはって(エンブタ)箔をしたいところを切り抜き、糊をひいたところに箔をはったり、筒から砂子(金をつぶした粉)をぼかすように置いたりします。

きものの色と金彩の調和により、京友禅ならではの美が表現されます。

紋入れ。

仕上げの前の補正作業です。検品し、汚れているところやしみなどがあれば、きれいにします

きものの形(絵羽)にします。

Back to Pagetop