婚礼衣装

伝統と格式を重んじた装いで、晴れの日を彩ります。

京都伝統の技と心を受け継ぎ、皇室の方々のお召し物を制作させていただいている藤井寛が、下絵から染め、仕上げまでをプロデュースしたブランド「藤井寛のきもの」。振袖や訪問着の他婚礼衣装メーカー二条丸八と打掛・引振袖を共同制作致しました。

この着物は「京手描友禅染」という伝統的な手法で染められています。富宏染工のような染匠と呼ばれる企業が一貫してデザインや仕事の企画・管理をして製品に仕上げています。自由な文様表現と豊かな色彩が特徴。

典雅な王朝の風情を、檜扇に満載された花々と堂々たる御所車で表現した引き振袖です。 紅や上品な華やかさ、まろやかな色彩は独特を誇る優美さです。 高級感と初々しい愛らしさを併せ持ち、他には決して見られることのない味わいをたたえた傑作です。

この着物は「京手描友禅染」という伝統的な手法で染められています。富宏染工のような染匠と呼ばれる企業が一貫してデザインや仕事の企画・管理をして製品に仕上げています。自由な文様表現と豊かな色彩が特徴。

藤井寛の代表的モチーフである雲取りの引き振袖です。 刷毛でしっかり染めつけているため、深みのある色彩表現が可能となり、 シンプルなモチーフに配色の妙が際立ちます。ポイントは雲取りの輪郭を純金糸の金駒刺繍で太めに縁取って豪華な仕上がりになっています。ゆるぎない確かな仕事に裏打ちされた秀作です。

この着物は「京手描友禅染」という伝統的な手法で染められています。富宏染工のような染匠と呼ばれる企業が一貫してデザインや仕事の企画・管理をして製品に仕上げています。自由な文様表現と豊かな色彩が特徴。

滑らかな光沢感が特徴の緞子を、四季の花々で埋め尽くすかのように本手描き友禅で染め上げました。 藤井寛の特徴である、糊伏せをしないで地色も全て刷毛で染め上げる丁寧な色挿しにより繊細で 奥行きのある表現を可能にし、ポイント部分は刺繍で立体感を、金箔で晴れやかさを加味しています。

Back to Pagetop