藤井寛きもの

会社案内

富宏染工株式会社では、日本の伝統美を表現する「藤井寛のきもの」(振袖・訪問着・附下・色留袖・色無地・染袋帯・子供用祝着)、本物の品格を持ちながら日常のおしゃれ着として着こなせるきものや、和装小物を制作する「tomihiro」の2つのブランドがあります。

また、より多くの方に熟練された本物の技の魅力を知っていただくために、京友禅の技法を駆使した作品や独特のデザイン・意匠を転用した様々な試みも行っています。

企業名 富宏染工株式会社
本社
制作工房・展示室
〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
電話 075-221-2743
代表者取締役社長 藤井寛 ( 藤井寛のきものプロデュース )
取締役 藤井友子 ( tomihiroプロデュース )
創立 1960年5月
事業内容 京手描友禅着物製造 手描き友禅の技術のインテリア材への
転用(屏風・額・タペストリー)
雑貨(袱紗・懐紙入れ・風呂敷・扇子・クッション・
エコバック・メガネ入れ化粧ポーチ・ブックカバー等)
歴史 1956年 「藤井画房」設立、当初は、お誂えの受注製作
1960年 富宏染工と改名 1972年 富宏染工株式会社設立、
同時に工房を設立 2002年 伝統的工芸品産業功労者褒賞
2007年 経済産業省製造産業局長賞
2007年 日蓮宗法音寺・京都別院法輪寺の本堂天井(格天井)を手描き友禅にて製作